キャッシングやカードローンでお金の借り入れをする前に知っておきたいことを紹介します。たとえば、利息(金利)や審査、返済などの基礎知識や、ローンの会社(業者)・種類などについてです。

アットローンのログイン・ATMはどうなる?

2014年4月 2日 Posted in よくある質問
■アットローンがSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと合併
 
 
アットローンは2000年1月にさくらローンパートナー株式会社として
設立され、同年9月に@Loanとして事業を開始した消費者金融に
なっています。
 
もともとさくら銀行と日本生命保険、三洋信販、エーエムピーエムジャパン
などによって設立された会社で、銀行系消費者金融として最先発で設立
されたために安心して利用することが出来る消費者金融として人気でした。
 
さくら銀行が三井住友銀行となり、さらに三井住友フィナンシャルグループ
が2004年に消費者金融のプロミスと資本業務提携をしたことよって、
三洋信販がアットローンの保有株式をプロミスに売却しました。
 
これによってアットローンはプロミス傘下の消費者金融となりました。
 
2011年3月31日まではプロミスとアットローンは共存していましたが、
プロミスの業績悪化もあり、2011年4月1日付でアットローンはプロミス
に吸収合併することで同意しています。
 
この結果、アットローンはプロミスにサービスが一本化され、SMBC
コンシューマーファイナンスの消費者金融として合併されました。
 
吸収合併されたことで、今までアットローンを利用していた人は
利用できなくなるということはなく、プロミスの会員と同様のサービスを
受けることが出来るようになりました。
 
 
 
■アットローンのログインやATMはどうなるの?
 
 
では、アットローンを利用していた人のログインや利用できるATMなど
はどのようになったのでしょうか。
 
まず利用していたアットローンカードですが、そのまま引き続き
利用をすることが出来ます。
 
使用することが出来るATMにつていは、プロミスATMを利用することが
可能の他、日本全国の三井住友銀行のATMの利用が可能です。
 
またコンビニなどに設置されている@BANKも九州地区を除いて
利用できます。
 
コンビニATMではE-netやローソンATM、セブン銀行ATMの利用
もできるようになっています。
 
愛知県と岐阜県ではゼロバンクATMの利用も可能になっています。
 
提携金融機関のATMやコンビニATMでは提携ATM利用手数料が
必要になってきますのでご注意ください。
 
インターネットの会員サービスはプロミスホームページから
会員サービスを利用することが出来ます。
 
しかし、合併によってメールサービスの配信ドメインが[at-loan.jp]
から[promise.co.jp]に変更になっていますので、迷惑メール対策を
している場合には変更が必要になってきます。
 
銀行振り込みで返済をする場合には、口座名義が「プロミス株式会社」
に変更になります。
【 重 要 】

お金を借りるなら、実はどこが良いのか?
今 キャッシングはどこが人気なのか?

借りる前に下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。