キャッシングやカードローンでお金の借り入れをする前に知っておきたいことを紹介します。たとえば、利息(金利)や審査、返済などの基礎知識や、ローンの会社(業者)・種類などについてです。

お金が借りられないのはなぜか?

2015年1月21日 Posted in よくある質問

■申し込んでもお金を借りることが出来ない理由

お金が必要だからお金を借りようともって
カードローンやキャッシングの申し込みをしてみたけど
借りることが出来ない!


という人もいます。


基本的に次のような人は
カードローンやキャッシングの申し込みをしても
お金を借りにくくなっています。


20歳未満であること

定職についていないこと

安定した収入がないこと

過去にカードローンやクレジットカードで滞納をした人


などです。


しかし、これらに当てはまらないのに
お金を借りることが出来ない人もいます。
それはどのような理由なのでしょうか。


まず一つあるのが携帯電話の料金で滞納があった
という場合です。


最近では携帯電話やスマホ、タブレットなどを
月々の分割払いで購入している人が多いですよね。


この携帯の本体の費用というのは電話料金とともに
携帯電話会社に支払っているために
気が付きにくいのですが、割賦販売で購入しています。


携帯電話料金を滞納すると、
この割賦販売で購入している本体の支払いも
滞納したということになります。


そのため、カードローンやクレジットカードの支払を
滞納した場合と同じような扱いになるために、
お金を借りることが出来ないケースがあります。


自分ではなく、子どもの名義の携帯電話を購入し
携帯料金を滞納してしまったために、
子どもがお金を借りようとした時に借りられなくなっていた


というようなことも実際に起こっているんですよ。




■滞納もしていないし、申込み条件には合致している場合

今まで滞納をしたこともないし、
申込み条件にも合致しているのにお金が借りられない。
このようなケースもあります。


このような場合、金融会社の融資の審査基準が
クリアされていない


という理由でお金を借りることが出来ない
ケースが多々あります。


安定した収入は得ているけど、
実は転職したばかりで勤務期間が短い


など、実は金融会社にはある一定以上の
条件を満たしている人以外にはお金を貸しません。


カードローンやキャッシングの場合、
担保や保証人の有無の代わりに、
個人信用というものに基づいてお金を貸してくれます。


この個人信用が低い人の場合、
お金を返してもらうことが出来なくなる可能性
がある
ということでお金を貸してくれないんです。


また、他の金融会社に同時に何社も申し込みをした
という場合も実は個人信用が低くなってしまう
原因になっています。


申込みをした記録なども実は個人信用情報機関
というところに登録されており、それを金融業者は
確認することが出来るんです。


短期間に何件もの会社に申込みを行うと、
せっぱつまっているくらい「何かがある」と勘繰られて
審査に通さないということもあるんですよ。


また登録されている内容と、申込み書の内容が違う
ということでもお金を貸さないケースがあります。


誤字脱字が多い場合でも、やはり内容相違になります。




【 重 要 】

お金を借りるなら、実はどこが良いのか?
今 キャッシングはどこが人気なのか?

借りる前に下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。