キャッシングやカードローンでお金の借り入れをする前に知っておきたいことを紹介します。たとえば、利息(金利)や審査、返済などの基礎知識や、ローンの会社(業者)・種類などについてです。

差押通知書が届いた!どうすればいい?

2014年9月16日 Posted in 困った悩み

■まさか、ホントに差押通知書がきた!

税金の滞納


ローンの未払い


カードローンやキャッシングの滞納


このような事を続けていると差押通知書が郵送されてくる
ことがあります。


この差押通知書というのは家庭裁判所などの機関が法律
に基づいて送付してくるもので、滞納者が勝手に財産を処分
することを禁止し、換価可能な状態にする法的な措置
です。


この差押えにもいくつかの種類があります。
強制力が高い順に


確定判決


仮執行宣言付判決


仮執行宣言付支払督促


和解調書、調停調書


などです。


確定判決というのはすでに上級の裁判所によって取り消される
余地がない確定した判決になりますので、この確定判決で
命じられている内容は拒否することができません


仮執行宣言付というのはまだ上級の裁判所によって
取り消される余地はありますが、確定していなくても執行する
ことができるという宣言がついたものです。


ほぼ確定判決に近い状態ですので、判決通りにしなければ
なりません。支払督促にもかなり強制力があります。


まずは届いた差押通知書がどのようなものなのかしっかりと
確認をして、それに合わせた対処方法を実行する
必要が
あります。


ではいくつかの差押の例を見ながらその対処方法をチェックして
みましょう。




■どう対処したらいいの?

不動産の差押通知書が来た場合


住宅ローンなどを滞納した場合には、担保物件となっている
不動産を差し押さえられることがあります。


債権者は抵当権を行使するために不動産を競売にかけて
債権を回収する権利がありますので、この権利を行使する
ために裁判所に申し立てを行います。


裁判所がこの不動産差押の申し立てを受理すると法務局に
差押登記を委託し、債権者と債務者に対して競売開始決定
を通知します。


もし、この不動産差押の場合には、差し押さえ命令異議申し立て
を行うことによって差押に対抗することが出来るケースがあり
ますが、差押自体が止まるということではありません。


差押を回避するためには一括返済をすることが必要になって
きます。


例えば競売ではなく任意売却で不動産を売却してローンの残債
を完済させるという方法をとることが多くなります。


債務整理などを行う事でも差押を回避することが出来る可能性
があります。


税金の滞納によって差押通知書が来た場合


税金の滞納によって差押通知書が来ると債務整理で対処する
ということは難しくなります。


口座や給料、動産、不動産、保険、売掛金などさまざまなものを
差し押さえられてしまいます。


税金の滞納によって差押になった場合には、税務署や役所
などにまず相談に行きましょう


分納と言って滞納した税金を分割して支払うことができる
ケースもあります。




【 重 要 】

お金を借りるなら、実はどこが良いのか?
今 キャッシングはどこが人気なのか?

借りる前に下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。