キャッシングやカードローンでお金の借り入れをする前に知っておきたいことを紹介します。たとえば、利息(金利)や審査、返済などの基礎知識や、ローンの会社(業者)・種類などについてです。

お金が借りられないのはなぜ?

2015年2月17日 Posted in 困った悩み

■お金が借りられない理由は?

消費者金融などに申込みをしても
審査に通らずお金が借りられないということがあります。


その理由はどうしてなのかご存知でしょうか。


まず一つは条件に当てはまらないケースがあります。
消費者金融などの場合、
融資を行うためにはいくつかの条件があります。


年齢が20歳以上、65歳未満であること

安定した収入を得ていること


この二つがあります。


この条件に当てはまっていなければ、
当然ですがお金を借りることが出来ません


でも、この二つの条件が当てはまるからと言って
誰もがお金を借りることが出来るわけではありません。


次に来る条件として


他社からすでに3件以上の借入をしている

個人信用情報にキズがある


とこの二つの条件に当てはまる人は
まずお金を借りることが出来ないケースが多くなります。


まず、他社ですでに借入が3件以上あるという人は
当然ですが多重債務の状態になっているということ
です。


このような条件の人はこの先債務整理を行う
可能性が高い人ということになります。
このような人にはお金を貸してもらうことが出来ません。


個人信用情報にキズがあるという人は、
過去数年以内に返済に滞納があった人、
債務整理を行ったことがある人など
になります。


過去にこのような事がある人は
今後も同じような事をする可能性がある。
ということでお金が借りにくいんです。




■今までの条件には問題がないんだけど

今までのような条件には特に問題がない。
という人でもお金を借りることが出来ないこともあります。


まず隠された滞納があるケースもあります。
それが携帯電話料金の滞納です。


最近では携帯電話やスマートフォンを
月々の使用料と共に分割で支払いをしている
という人がいますよね。


実はこの月々の使用料と共に分割で支払いをしていて
つい使用料の支払いを延滞してしまった場合で、
個人信用情報にキズを付けてしまった。


というケースがあります。


子どもの名義で携帯電話を契約して
保護者が使用料の延滞をしてしまっていたケースでは、
子どもの個人信用情報にキズがついていた。


というケースもあるんです。


勤続年数が短かったり、転職を繰り返している
という場合
でもお金が借りられない事があります。


また信用度の低い会社に勤めている場合にも、
お金が借りられない
というケースがあります。


信用度が低い会社というのはいわゆる水商売であったり
芸能関係の会社であったりという場合です。


このような職業は浮き沈みが激しく、
返済が出来ない事がある可能性があるということで
個人信用度が低いからなんです。


勤続年数の短さも個人信用度が低いことが原因で
お金を借りることが出来ないケースがあるんです。


この個人信用度が低くなってしまう原因には、


個人所有の住宅に住んでいない

賃貸住宅の転居を繰り返している


などもあります。


また手書きの申込書などの場合には、
丁寧に書き込まれていないことや、
パソコン入力でケアレスミスが多いこと
などもあります。


申込み書なのに丁寧に書き込むことが出来ない人は
個人信用も低くなってしまうんですよ。




【 重 要 】

お金を借りるなら、実はどこが良いのか?
今 キャッシングはどこが人気なのか?

借りる前に下のランキングを
必ず確認しておく事をお勧めします。